メリットがある

交通事故が起きたとき、弁護士に依頼することがメリットだけではなく、デメリットということもあります。それは、弁護士費用を支払いしなければならないことです。弁護士はボランティアではありませんので、当然お金を支払いしなければなりません。増額分は弁護士費用を支払ってもプラスになるかどうかという判断をしなければなりません。だから、交通事故にあってしまった場合誰もが弁護士に依頼するというモチベーションも正しい訳ではありません。

正しい目安は、 通院期間が半年以上となるか、 後遺障害が14級以上であるか、あたりのようです。「弁護士費用特約」というものがあり、 任意の自動車保険の契約内容に含まれている場合があります。このようなケースにおいては、弁護士費用を300万円まで保険会社が負担してもらうことが可能です。

更に、弁護士の費用は裁判判決で主張が認められることが出来れば、判決認容額の1割程度は、加害者が支払うよう命じられることになります。ただし、ここで実際の弁護士費用全額を請求できるわけではないという点にも注意が必要です。

交通事故の問題を弁護士に頼むと探す手間がかかるということも仕方のないことなのですが、事態をスムーズに進行させることが出来る方法なのです。

法律の知識が必要

なぜ、妥当な慰謝料を得ることが出来るかといえば、弁護士には、弁護士基準と呼ばれる最も高額な慰謝料を獲得できる規準があるからです。

参照資料<交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所>

示談というもの自体は一時的なものですが、もしも交通事故にあってしまい後遺症が残ったという場合、その被害は一生のものとなる可能性もあります。示談とは、生涯にわため精神的苦痛に対して、妥当な金額を支払いしてもらうことを言います。

しかし、瞬間的に示談が決定してしまうことで、同じ損害に対する請求を行うことはできなくなってしまうことになります。だから、しっかり示談と向きあい、主張しなければならないことは、すべて主張しなければならないです。そのときもプロフェッショナルな存在である弁護士の存在が頼りになります。妥当の慰謝料を請求するためには、このようなことをしなければならないということです。

そして、交通事故に遭ってしまったというのに、保険会社との対応に、ストレスを一杯抱えている被害者も大変多くいます。いきなり法律の問題をつきつけられても、ほとんどの人たちが、そのような知識を持っている訳ではありません。兎に角スムーズに問題を解決していくために、どうしてもこの法律の知識が必要になってきます。

交通事故に遭った

事故にあってしまった場合、どうしでも示談という問題が関わり、それと直接的に向きあっていかなければなりません。交通事故自体がきっとあなたに対して初体験でしょう。そして示談も初体験です。事故で頭が混乱してパニック状態になっているのに、示談なんて無理と思っている人たちがほとんどでしょう。だけども、示談という問題から決して目を逸らすことが出来ないのです。

示談をしたとき、慰謝料を倍増するテクニックなど存在しているのでしょうか。そのとき、弁護士にお願いしようというモチベーションも起こるかもしれません。 弁護士に依頼する最も大きなメリットは、慰謝料や損害賠償金の大幅な増額を見込むことができるからです。慰謝料の増額について誰もが出来ればいいと考えるものではないでしょうか。そのような人たちが、自分一人の力でなんとか出来るものと考えるケースもあるようですが、果たしてそれは正しいのでしょうか。

慰謝料の増額は、弁護士の依頼が必須と言っても良いのです。 一般の人たちが、保険会社といろいろ交渉しても、全く聞く耳を持たないというのが現状のようです。保険会社もプロフェッショナルであり、専門的用語を駆使して、素人に向かってきます。勝つためには方程式が存在して、そのルールを守るからこそ、増額の慰謝料を得ることが出来ます。

増額といえば、欲張っているように聞こえますが、それは妥当な慰謝料を受け取ることが出来るという意味なのです。