メリットがある

交通事故が起きたとき、弁護士に依頼することがメリットだけではなく、デメリットということもあります。それは、弁護士費用を支払いしなければならないことです。弁護士はボランティアではありませんので、当然お金を支払いしなければなりません。増額分は弁護士費用を支払ってもプラスになるかどうかという判断をしなければなりません。だから、交通事故にあってしまった場合誰もが弁護士に依頼するというモチベーションも正しい訳ではありません。

正しい目安は、 通院期間が半年以上となるか、 後遺障害が14級以上であるか、あたりのようです。「弁護士費用特約」というものがあり、 任意の自動車保険の契約内容に含まれている場合があります。このようなケースにおいては、弁護士費用を300万円まで保険会社が負担してもらうことが可能です。

更に、弁護士の費用は裁判判決で主張が認められることが出来れば、判決認容額の1割程度は、加害者が支払うよう命じられることになります。ただし、ここで実際の弁護士費用全額を請求できるわけではないという点にも注意が必要です。

交通事故の問題を弁護士に頼むと探す手間がかかるということも仕方のないことなのですが、事態をスムーズに進行させることが出来る方法なのです。